三将軍の物語STORY

STORY02

村進

東京営業所 次長 Yoshimura Susumu

継続は、実力なり。

私は特に提案力が優れているわけではありません。ただ、お客様を想う気持ちは、強めかもしれない。
売りたいものを売るのではなく、まるで親友であるかのような感覚で助けるイメージ。だから、お客様は、市場に対して一緒に戦っていく戦友ですね。
でも、そんな関係だからこそ、時にはお客様にとって耳の痛いことも言います。当社にとって得にならないことも言います。だって長く付き合っているパートナーですから。

吉村さんに任せたら、楽でいいわ。

これは、私が仕事の仕方を見直すきっかけになったお客様の言葉です。お客様は斬新な提案だけを待っているのではない。
お客様が何を求めているかを先回りして、しっかり準備をして臨む。お客様からの「ありがとう」が聞けたら何よりも嬉しいし、疲れ吹き飛ぶ。だから大変なことをしているのかもしれないけど、苦労したっていう記憶や印象はないんです。

上野忠を永続させるために。

上野社長がいなくなっても継続できる企業であることはもちろん、100年、200年と永続できる企業にしたい。そのためには、自らが成長するだけでなく、次代を受け継ぐ人財を育てたい。だから、受身じゃない人に入ってきて欲しい。自分がどうなりたいかを持っている人ですね。
チーム上野忠として、大きなプロジェクトを受注した時の喜びや、製品が世に出た時の達成感はとても大きいです。有名な大手企業の顧客も多い。責任が大きいからこそ成長できる。こんな舞台に覚悟を持って臨んでくれる若武者の出現を期待しています。